しっかりとフォーマルを心がけて

結婚式はフォーマルの場です。最近はカジュアルな式も多いですが、だからといって「簡単な服装で大丈夫」としてしまうのはNG。新郎新婦の門出だということをしっかりと意識してまずはきちんとした服装を知るようにしましょう。特に親、兄弟、親族は、結婚式においては新郎新婦と一緒にゲストをもてなす立場です。ゲストに失礼にならないよう、きちんとした服装をする必要があるのです。父親は新郎新婦の次に目立つ存在なので、正礼装が基本となります。和装の場合は黒の五つ紋付き羽織袴が正礼装になります。洋装の場合は挙式の時間帯によって相応しい服装が変ります。昼はモーニング、夜は燕尾服やタキシードが正礼装になります。人前式などカジュアルな式の場合は、昼はディレクターズスーツ、夜はブラックスーツの準礼装でも大丈夫です。

親やいとこの具体的な服装は?

兄弟も親と同じく、ゲストをもてなす側。相手の親族と挨拶をする場面もあるので、きちんとした服装をするのがマナーです。とはいえ、親ほど注目される訳ではないので、父親より少し控えめの準礼装や略礼装が基本になります。和装の場合は三つ紋付き羽織袴か、グレーや紺の紋付き袴を着ます。洋装の場合は時間帯問わず礼服やブラックスーツを着用すると良いでしょう。ただ結婚式という場面なので、中にベストを着たりポケットチーフなどで華やかさを出すようにしましょう。色は黒が基本ですが、ダークネイビーやダークグレーもおすすめです。おじやいとこも、やはりホスト側となります。兄弟と同様に準礼装か略礼装が基本。昼夜問わず略礼装のブラックスーツがよく選ばれています。

従来の結婚式よりも小規模でシンプルにして、結婚式を安く済ませるスタイルは、現代の結婚のスタイルのトレンドのひとつです。