ダークスーツなどの礼服を着用しよう

仕事関係の付き合いや親族や友人からのお呼ばれで、結婚式に参加するケースは少なくありません。男性の場合、どのような服装で参加すれば良いのか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか?適当に服装を選んでしまうと、当日の結婚式で恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。基本的に男性は、ブラックスーツ、ダークスーツなどの礼服を着用するのが一般的です。ただしスーツのパンツの裾を折り返したダブル仕上げはカジュアルな印象になるので、結婚式の場にはふさわしくありませんよ。そして、スーツの中に着用するシャツは白の無地が基本となります。ストライプ柄やチェック柄、派手な色合いはフォーマルな場にそぐわないので注意しましょう。

ネクタイの選び方は大事

結婚式に参加する際は、黒のネクタイは避けた方が良いでしょう。黒のネクタイだと暗い印象になるので、まるでお葬式に出席しているかのような印象になるからです。また、ビジネスシーンで重宝するストライプ柄もスポーティーな印象になるのでやめた方が良いですよ。結婚式に参列する際は、シルバーやゴールド、パルテルカラーなど明るい色合いを選ぶようにしましょう。その他にも、男性の服装選びで気をつけなければいけないのは、あまりに派手すぎるコーデは控えることです。結婚式の主役はあくまで新郎新婦なので、主役を引き立てるような服装を選ぶのが大事です。したがって、新郎新婦の衣裳とかぶるような白、明るいグレーのスーツは絶対に避けた方が良いでしょう。

マタニティウェディングは、妊娠中の新婦が安心して挙式を行えるよう、ドレスの選び方や演出、挙式のスケジュール調整など様々な面で配慮が行われています。