昼間の結婚式におすすめの服!

昼間の結婚式は、フォーマルな服装で参加するのが基本です。友人という立場なら、パーティードレスを選ぶのが無難でしょう。ただし、色合いが派手なものや、露出が高いものは避けるようにしましょう。結婚式は友人だけではなく、新郎新婦の会社の同僚や上司、親族なども集まる場なので、上品で落ち着いた服装にするのが基本です。

スカートは膝が隠れるようなロングスカート、トップスは胸元や肩があまり出ないような服を選んでください。肩周りの露出が気になるのであれば、ストールなどの羽織を用意しておきましょう。色合いは、光沢感がない落ち着いたものがおすすめです。ただし、黒は喪服を連想させてしまうのでNGです。また、白もウェディングドレスと被ってしまうので、避けるようにしましょう。

夜の結婚式には大人っぽい服装で参加しよう!

夜の結婚式は、昼とは違い多少カジュアルでも問題ないケースが多いです。中には「カジュアルな服装OK」としているものもあるので、事前に新郎新婦に確認しておくとよいでしょう。夜の雰囲気に合わせて、華やかな服装を着ていくのもおすすめです。光沢感のある色や、キラキラしたような装飾を身につけるのもおしゃれです。

サテン生地のような光沢感のある生地を使用した服は、照明の下でよく映えます。ロング丈のドレスと、キラキラとしたアクセサリーを組み合わせれば、大人っぽく華やかな印象に仕上がるでしょう。しかし、いくら服装のマナーがゆるいとはいえば、目立ちすぎるのは厳禁です。結婚式の主役はあくまで新郎新婦なので、控えめなコーディネートに仕上げるのが基本です。

パパママ婚は家族の思い出作りに最適ですが、注意点もあります。それは、幼い子供だと長時間の式に飽きてしまう恐れがあることです。子供が飽きないような演出を考えるなどの工夫が必要になります。